特別例会

2021.06.02

令和三年度 特別例会「コロナ対策特別委員会」

 令和3年度特別例会が、6月2日(水)、ウインクあいちにて開催されました。会場参加者26名とZoom参加者34名を繋ぎ、ハイブリッド方式で開かれました。「新型コロナウイルス感染症の実態を知りZoomを学ぶ〜コロナ禍においても鯱の会を楽しむために〜」をテーマに、山本コロナ対策特別委員長の開会宣言、渡邊会長のご挨拶に続き、「第一部 Zoomの使い方の説明」が、司会の恒川委員よりなされました。


 第二部は、名古屋大学医学部名誉教授の小島勢二氏をお招きして、コロナウイルスの実態についての講演です。ウイルスのお話から、私たちが知りたい「ワクチン」や「変異株」、「治療薬の現状」などについて、専門家ならではの最新の知見や報道では知りえない情報などを、グラフを使って詳しく解説して頂きました。講師への質問では、「重症化しやすい血液型(AB型)は本当か?」など、自分たちに直結する内容も出ました。日々研究に携わる方々のおかげで、色々なことが解明されてきている現状を、今回の講演で垣間見ることが出来たことは、コロナ禍での明るい希望です。


 第三部は、会員からのコロナ罹患の体験談を伺うとともに、歯科医師である田島会員からは医療関係者のワクチン接種等の現状について伺いました。会員の体験談では、濃厚接触者やICUでのこと、退院後の過ごし方等々、リアリティあふれるお話を伺うことが出来ました。


 また、医療関係者としてワクチン接種を終えられた田島会員からは、ワクチンの副反応や使わない方が良い解熱剤を教えて頂きました。


 緊急事態宣言延長により、特別例会前日に会場が20時閉館・退出となったことから、会場参加者が第三部へ参加出来なくなったり、講演途中でZoomが切れてしまうというハプニングは起こりましたが、コロナ対策特別委員会の皆様が柔軟に対応して、無事に例会を終えることができました。副題の「コロナ禍においても鯱の会を楽しむために」を、図らずも実践する機会となりました。


(記事投稿:服部由美 写真:立松敏行、田中陽子)

特別例会

  • 山本コロナ対策特別委員長挨拶山本コロナ対策特別委員長挨拶
  • 渡邊会長挨拶渡邊会長挨拶
  • 小島勢二先生講演小島勢二先生講演
  • 小島勢二先生講演小島勢二先生講演
  • 歯科医師田島会員からの体験談歯科医師田島会員からの体験談
  • 第三部進行役 野村会員第三部進行役 野村会員